グッズ紹介

夏のランウェアの悪臭を取り除く方法(オキシクリーンを使おう)

スポンサーリンク

こんにちは。kixrunerです!

 

もうすぐ夏本番。

 

この時期は、走りはじめれば滝汗。

 

走るだけでキツイのに、ランウェアから放たれる臭いも気になりウンザリ、なんて悩んでいませんか?

 

私も今まで臭いが気になりはじめたら、その服を手放し、練習会や大会に参加するときは、そのために新しいウェアを新調したり、汗の臭いに悩まされてきました。

 

実はあの臭い、洗濯前のひと手間で取り除くことができます。そこで使うのがオキシクリーンです。

 

 

 

ランウェアが臭くなる1番の原因は、「雑菌」です。

 

これはふだんの洗濯では落とし切ることができません。

 

オキシクリーンを使えば、ウェアに蓄積された臭いを元から取り除くことができます。

 

わたくしkixrunerは走り始めて4年間、

 

ウェアが放つ悪臭とも戦い続けてきました。

 

熱湯やワイドハイターでつけ置き、走り終わるとすぐに洗濯するなど、色々試行錯誤してたどり着いた方法を紹介します。

 

kixruner

この記事を読むと、衣類にこびり付いた臭いを取り除く方法がわかります。

実践すれば、夏場でも人に近づくことを恐れずに、家族や練習仲間にも気を使わずに過ごせます。

方法は簡単、「オキシクリーン」でウェアをつけ置き、洗濯するだけです。これだけで新品の服を着た時の感動を思い出せるでしょう!

 

原因はあなたの体臭ではない?

 

ランナーA
そもそもなぜランニングウェアはあんなに臭うの?

 

「自分の汗は特別臭いから仕方ない」なんて思ってた人も多いでしょう。(それわたしです)

 

実は汗そのものに匂いはありません

 

汗をかいたあと、

 

雑菌が汗や皮脂を分解するときに

 

ニオイを発生させます。

 

ふだんの洗濯では、汗に含まれるたんぱく質や皮脂を落としきれません。

 

また、濡れた衣類を長時間放置することで

雑菌はどんどん増殖します。

 

それがウェアを着るたびに蓄積されるため、「汗をかいた瞬間から臭うバケモノ」へと進化していくのです。

 

オキシクリーンでお気に入りのウェアが生き返る手順

①40度~60度くらいのお湯を、洗面台もしくは浴槽に貼ります(ウェア浸かる程度でOK!)

・40度以上のお湯を使用しないとオキシクリーンが溶けにくいで注意

②オキシクリーンを必要量入れてウェアをつけ込む

・目安は、お湯4Lに対し付属のスプーン一杯(28g)

③20分~60分程度放置する

・つけ置き時間は、汚れの具合で調節

④そのまま洗濯機に放り込み、普段どおり洗濯する

①~③の手順を加えることで、練習で頑張った分、積み重なった雑菌臭を劇的に除去することができます!

 

つけ置き後のお湯が恐ろしいくらい茶色いです。(汚れが落ちた証拠)

 

また臭ってきたら、定期的にオキシクリーンでつけ置きしましょう。

家族の目も集団走も怖くない

臭いの悩みが解決すると、練習会やマラニックに参加したり、思春期の子どもに「洗濯物は別々にして」なんて言われる日を恐れることもありませんね!

 

自信を持って人とすれ違いましょう。

 

私もランウェアに限らず、仕事着や普段着も全般丸洗いしてやろうと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
マラソン・ジョギングランキング 応援のクリックお願いします。

スポンサーリンク

-グッズ紹介

Copyright© 大阪泉州をひたすら走る~sub2:21を目指して~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.