グルメ、旅ラン

「沖縄らしい風景と米軍基地が共存する不思議な場所⁇」
沖縄旅〜読谷村、北谷グルメ・残波岬ランニング〜

スポンサーリンク

こんにちは。kixrunerです!

 

4月の息子誕生日に合わせて

2泊3日で沖縄へ旅行に行ってきました。

 

我が家は沖縄のグルメが大好き‼︎

特に私はこの3日間で

5kg増量して帰還(笑)

 

息子に「トト(父)電柱みたいな脚だね。」と言われるほどに大きく育って帰ってきました(笑)

 

今回は読谷村周辺を起点に過ごしたので

観光、旅ラン、グルメを紹介します。

 

読谷村ってどこ?

 

読谷村は、沖縄本島の中部、

西海岸に位置し、

 

人口4万人余りの

「日本一人口の多い村」として有名です。

 

サトウキビ畑や残波岬など自然豊かで、

本島の中心部で沖縄感を感じられる

数少ない場所であり、

米軍基地や米軍の家族専用住居も

点在しています。

 

観光名所

 

残波岬(ざんぱみさき)

 

残波岬は、

夕日のビューポイントとしても有名。

 

公園として整備されており、住民の憩いの場でもある。

 

灯台近くにある泰期像(たいきぞう)は、
この地の豪族・泰期は、中山王の命を受け、

進貢使として5度も中国へと派遣され、

すべて無事に戻るという(船で海を渡ることは命懸け)当時としては快挙を成し遂げた、

いわば読谷村のヒーロー的存在。

 

座喜味城跡(ざきみじょうあと)

 

 

座喜味城跡は、

2000年に世界文化遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ。

 

世界遺産なのに入場無料!

 

規模は小さいですが、城壁や城門の石積みの精巧さや美しさは沖縄の城の中で随一!

 

暑い日の沖縄観光でも、短時間で回れるのがメリットでもある。

 

晴れた日には遠く首里城のある那覇のまちが見渡せ、夕日をみるために訪れるのもオススメ。

 

アクティビティ

 

シーサーと手形作りを体験。

 

読谷村・残波岬周辺は、

陶芸やガラス工芸体験など

雨の日でもできるアクティビティが充実してます。

 

 

残波ビーチ・宇座ビーチ

 

海が綺麗ですが、遊泳エリアでシュノーケリングができないのが残念なところ。

ちなみに写真に写る、

滑り台などがある場所は有料な為利用せず。

 

一日中海遊びをするならアリだと思います。

 

貝殻やシーグラスを拾ったりしながら

まったり過ごしました。

 

 

旅ラン

 

読谷村のランスポットといえば、

もちろん「残波岬公園」

 

住民の方の憩いの場であり、

キレイに舗装された

アスファルトの上を

岬の絶景や南国の自然を感じながら

走ることができます。

 

注意すべきは、街灯がないこと!

 

サンセットめがけて走りだすはいいが、

日が落ちたら辺りは

真っ暗になっているでしょう(笑)

 

なので朝ランを推奨します。

 

赤い矢印を時計回りで走りました。

一周約2.5kmの周回コースです。

 

 

泰期像(たいきぞう)からスタート!

 

 

神々しい朝日を浴びながら、

なだらかな坂道を登ります。

 

終始コンクリートで舗装された道を

進むので多少の雨も平気ですね!

 

 

左手には残波岬、右手は沖縄らしい植物で

癒されました。

 

 

この木にぶら下がる果実は、

パイナップルのようで悪魔の実のような、、

結局なにか分からず(笑)

 

珍しい景色は飽きなくていいですね。

 

前半が上り基調で中盤で一気に下り、

後半は平坦なコースです。

 

距離表示はないので

ポイント練習には向かないかな。

 

滞在中はひたすらこのコースを

グルグルしました。

 

読谷、北谷グルメ

 

お待ちかねのデブ活の時間です(笑)

 

「jimmy's(ジミー)~アイランドグリル那覇店~」

 

那覇空港からレンタカーで移動して

沖縄最初のごはんはこちら。

 

 

「jimmy's(ジミー)~アイランドグリル那覇店~」

 

沖縄のデカ盛りグルメといえばジミー!

 

スーパーマーケットは

県内に広く分布してますが

バイキング実施店舗は限られます。

 

個人的におすすめは

・フライドチキン

→ケンタッキーのような

 胸肉のスパイシーな唐揚げ。

・各種ケーキ

→クリームは見た目よりアッサリ。

 

一切れがとてつもなくデカいので、

 全種類制覇はできず(笑)

 

 色んな名前のケーキがありますが

 味はほぼ生クリームとシフォンケーキの

 組み合わせです。

 

 

「ボストン」「バナナパイ」「ロールケーキ」とフライドチキンをひたすら交互に食べて至福の時間を過ごしました。

 

ちなみに今回は食べられませんでしたが、

ジミーのおすすめケーキで調べると

「ジャーマン」が美味しいという口コミをよく見かけます。

 

 

表面のココナッツがシャリシャリで美味しそうですね‼︎

次回訪れた時はホールで

買って食べたいと思います(笑)

 

またスーパーの中では、

ジミーのオリジナル商品やお惣菜

海外の食品も買うことができます。

 

 

ジミーのクッキーは、

沖縄でしか買えないのでお土産にも

最適です!

 

 

途中でデザートを挟みながら、

 

 

※個人的に沖縄に来ると、

「紅芋タルトアイス」と「ちんすこーアイス」

は沖縄でしか味わえないので絶対食べます。

 

「豚尾(とんび)」

夕食は「豚尾(とんび)」へ。

 

 

読谷村にある、

「豚のホルモン」を専門に扱う

珍しいホルモン屋さんです。

 

プロ野球の阪神タイガースが

春季キャンプを行う際は、

チームでよく訪れるとか。

 

口コミをみていて、

・新鮮な豚を使用しているので

 市場に出回らない「豚の尻尾(しっぽ)」が

 食べられる‼︎

・豚が主役で成立する焼肉‼︎

いい意味でクセを感じる投稿が多く、

気になって突撃しました(笑)

もちろん妻と子どもには、

「豚の尻尾は、冗談で別の部位をそう呼ぶんじゃない⁇」

と言いきかせて、島豚のしっぽを注文!

 

 

しっぽと知らずに食べた2人は

「何これ、、美味い‼︎」

と絶賛。

 

口の中でトロけ、

噛まなくても溶けいく、、

甘辛いタレの濃厚な味!!

ご飯がとても進みます。

 

他にもタンやロースなど

豚のあらゆる部位を食べることができ

なおかつチャンプルーやラフテーなど

沖縄料理を食べたいというニーズにも

答えられる素晴らしいお店でした。

 

個人的には

・島豚のしっぽ

・豚ハラミ

この2品は超絶オススメです!

https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47004408/dtlphotolst/

 

「GOLDIES HAMBURGER」

 

2日目のお昼は、

ハンバーガーの激戦区といえる沖縄で

食べログ沖縄No.1の

「GOLDIES HAMBURGER」

 

カラフルな店内は、

まさにインスタ映えする可愛いの宝庫。

 

オリジナルグッズのエコバッグや

Tシャツも衝動買いしてしまいそうになります(笑)

 

 

 

 

 

 

メニューはアメリカンサイズなバーガーが揃う。

・コンボ ・・ ポテト、ピクリス、ドリンク付き

・単品  ・・ポテトとピクルス付き

私たちは、単品でチーズバーガーと照り焼きバーガーとチキンナゲットを注文。

 

本当はスイーツも頼みたかったけど、

アメリカンサイズの店で

頼みすぎは危険だと、海外で学んだので自重(笑)

 

しかし、これでもすでに頼みすぎでした(笑)

 

すべてのメニューにモリモリのポテト。

 

 

そしてマクドナルドのような

チキンナゲットを想像していたら

スパイシーなケンタッキーフライドチキン

山盛りで登場(笑)

 

沖縄というか欧米では、

鶏肉を揚げたものは、

ほぼ100%ケンタッキーフライドチキンとなるので注意ですね(笑)

 

息子はナゲット1個半とポテト少量でギブアップ(笑)

 

夫婦で頑張って残り物を駆け込み満腹に。。

 

正直な所、お味だけで考えると、

各都道府県にもっと美味しいハンバーガー屋さんはたくさんあると思います(笑)

 

お店の雰囲気と店員さんの愛想の良さは

100点満点です。

 

https://s.tabelog.com/okinawa/A4703/A470304/47002074/

 

お菓子御殿、サンエースーパー、残波ロイヤルホテル朝食ビュッフェなど

 

2日目の夜は暴食から胃を休めるため、

残波岬に本店をかまえる「紅芋タルト」で有名なお菓子御殿や

沖縄のスーパー、道の駅で買い物し、

ホテルで食べました。

 

 

写真は一例で、カップ麺やジューシーなど

買いすぎて結局食べ過ぎるという。笑

 

2日目と3日目の朝は今回二泊した残波ロイヤルホテルの朝食ビュッフェ。

 

 

いつもビュッフェで食べ過ぎないように

・その土地でしか食べられない名物を食べる

・小盛りにする

 

など考えるのもつかの間、

ひと口食べたら止まらなくなるのは病気でしょうか(笑)

「パブラウンジ・エメラルド」

 

旅を締めくくるランチは、

ステーキの名店「パブラウンジ・エメラルド」

今回の滞在地である、読谷でも北谷でもないお店ですが、

北中城まで車を走らせます。

 

 

実は前回沖縄に来たときには、

コロナ自粛のため、泣く泣くお店を閉めておられ

2年越しに来島し、やっと念願のジャンボステーキに

ありつけたのでした。

 

名前の通りお店の内装も映画に出てきそうな

カッコよく、シックなデザイン。

 

口コミによると、

ステーキ以外の定食(ステーキ屋さんなのにうなぎも人気だとか??)も美味しいと

評判らしい。

 

 

 

もう一度来れるなら定食を2つ頼もうと思う(笑)

 

どれも美味しそうと後ろ髪を引かれる思いで

定番の特製ジャンボステーキ(350g)

ミディアムで注文。

 

程よい油であっさりしており、

息子とシェアする予定が

一人でペロッといけちゃいました!笑

 

このお店は沖縄に住んでたら

間違いなく常連となってます!!

 

店内は広いし、

グッズやテイクアウト販売もやっており

待ち時間さえ楽しめますよ。

 

https://s.tabelog.com/okinawa/A4704/A470405/47001231/

行きたかったお店

 

他にも「米軍施設内にあるカフェ」や星野リゾートの運営する「バンタカフェ」など

行ってみたいお店をたくさん残し、

帰路へと向かいました。

 

もう一泊あれば、、と思いつつも

これ以上暴食が続けば、

ただのデブへの道まっしぐらなので

また来年の楽しみにとっておきましょう!笑

 

終わりに

 

※ 残波岬からのサンセット

 

沖縄のちょうど中部に位置する、読谷村の旅。

子ども連れでのんびり過ごすには

最高の場所だと思います。

 

コロナも落ち着き、この夏は旅行に出かける

方も多いのではないでしょうか?

 

かといって海外はまだまだ行きづらい中で

異国の空気間や食事を味わえるのも

沖縄の魅力ですね。

 

この記事が少しでも

皆さんの旅行計画の参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
マラソン・ジョギングランキング 応援のクリックお願いします。

スポンサーリンク

-グルメ、旅ラン

Copyright© 大阪泉州をひたすら走る~sub2:21を目指して~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.