ブログ

大迫選手ラストランから学ぶ、大崩れしないマラソンの走り方

スポンサーリンク

こんにちは。kixrunerです!

 

早いもので、

東京オリンピックは

無事に閉幕。

 

最終日は男子マラソンがあり

大迫選手の引退レースとなるこのレースに

注目した陸上ファンはわたしだけではないでしょう。

 

 

https://twitter.com/kixruner220/status/1424301629092687874?s=21

 

炎天下の中、思わずレース後走り出してしまいました。

 

レースは32kから

キプチョゲがスパートし独走に。

 

2位集団は4人、

大迫選手は

この集団と18秒差の6位。

 

ほぼ最後まで、

テレビ放送から消えることなく

最後まで応援する日本人が

「もしかしたらメダルも狙える」

と期待をさせてくれた走りもさることながら、

走り終えたすぐのインタビューをみて

わたしは大迫選手の偉大さを

あらためて感じました。

 

このインタビューは

マラソンを走る

すべての人にとって

とても参考になると思うので

備忘メモしておきます。

 

大迫選手の印象に残ったインタビュー3点

 

1.「32kでキプチョゲがスパートした時は、自分の身体と相談し、大崩れしないようについて行かない選択をした」

 

→オリンピックという大舞台かつ

自身のラストランでも

冷静に自分の実力を見極めて走っていた。

 

2.「6位に上がったところで前を追ってみたが、(2位集団との差が)15秒から縮まらず、最後は6位という順位を守った」

 

→冷静に前とのタイム差を測っている。大局観で残りの距離と体力を相談し決断している。

大崩れする前に6位で走り切る決断をきめた。

 

3.「100点満点の頑張りができた」

 

→スタートラインに立つまでの準備、

レース運びともに自身のいまできる実力を出し切ったから言える言葉。

まとめ

 

よくマラソンは

「スタートに立つまでの準備が全て」

と言われるくらい、

最高の状態に

自身を仕上げるのは難しい。

 

そして大舞台で

結果を出したい気持ちをおさえて、

冷静に背伸びせず

「今の自分にできる最高のレースとは?」

と問い続け走る。

 

これがマラソンの真髄であり、難しい。

 

わたしもレベルは違えど、

自身の100%と納得できる走りを

福岡国際マラソンでやりたいと思います。

 

大迫選手、お疲れ様でした。

今後も日本の陸上界に

指導者や発信者として

ご活躍される姿を楽しみにしています。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
マラソン・ジョギングランキング 応援のクリックお願いします。

スポンサーリンク

-ブログ

Copyright© 大阪泉州をひたすら走る~sub2:21を目指して~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.