レース

大阪マラソン2022 スタート〜ゴールまで

スポンサーリンク

こんにちは。kixrunerです!

大阪マラソン2022のレースレポです。

こちらもCHECK

大阪マラソン2022 前日〜スタートまで

こんにちは。kixrunerです!   個人的に先日の東京マラソンの感動が   おさまらないません。(もう3週間も経ちましたが、、)   キプチョゲ選手、コスゲイ選手の ...

続きを見る

それではスタートから振り返ります。

スタート~5k(17:20)

 

スタートラインまでのロスタイムは4秒。

格上のランナーばかりのため

混み合うことはありません。

 

大規模マラソンでも

しっかりタイム順で並べたら

ストレスフリーなのですが。

 

少し肌寒いくらいの

マラソンには最適な温度、

風速は4~5mと少し強いので

集団で温存して走りたいと考えます。

 

始めは下り基調のため

調子に乗って足を使わないように

気をつけます。

 

5k~10k(17:28)

 

ちょうどいい集団を探しながら走ります。

すると「ミスターびわ湖」と呼ばれ

18年連続でびわ湖毎日マラソンを完走した

下村 悟さんの集団をみつけます。

 

この集団にはランチューバの「ガチランのクロロ」さんもおり、

サブ2.5で走るにはここだと決めて

10人程度の集団に着きます。

 

10k~15k(17:40)

 

※写真はネットから拝借。

 

写真は御堂筋の商店街沿いにある老舗ラーメン店の「金龍ラーメン」です。

マラソンコースの中で

記憶では2、3回は店の横を通ったのですが

出汁の獣臭がとてもマイルドで

ランナーのハングリー精神を

駆り立ててくれました(笑)

 

レースレポに戻ります。

やはり風が気になる部分もあり

皆先頭で引っ張るのを嫌がり、

ラップが落ちます。

 

ここで下村さんがペースを上げて

集団を置いていきます。

 

一度見送ってから「やはりここは着いていかねば」と思い、

あとを追いますが

100~200mくらいの差で縮まらず。

 

しかも中途半端に単独走となり、足を使ってしまいます。

ここからゴールまで、

長いひとり旅のはじまりです(笑)

15k~20k(17:41)

 

なかなか下村さんの集団と差が縮まらないが、

離れもしてないので

今はガマンガマンガマン」と言い聞かせて

身体が楽になるのを待ちます。

20k~25k(17:41)

 

ハーフの通過が1:14台にして中々の疲労感(笑)

自己ベストはさすがに無理だと悟ります。

 

そして練習での

Mペースハーフ走の距離を

超えたのに、まだ半分も走らないといけないのかと

心理的不安でキツくなってきます。

 

ここで耐えるのがマラソン。

22k辺りから本当の戦いが始まりました。

23k地点で序盤に付いていた

ガチランのクロロさんが率いる3人に

刺されます。

 

やはり単独走は失敗だったか、、

と弱気になるも、

アミノバイタルゼリーを補給し

前を追います。

 

25k~30k(18:11)

 

ここから35kまでは、

アップダウンと折返しの繰り返し

苦しい時間が続きます。

 

しかし前方に微かにみえる、

「水色のランシャツの下村さん」を

目印に力を振り絞ります。

 

30k~35k(18:13)

 

折返しが続きますので

トップランナー達とのすれ違いを楽しみに

走り続けます。

 

32kでアミノバイタルゴールドを流し込むも、

身体が受け付けない感じ、、

内臓疲労かレース前に食べすぎたからなのか

結果として両方あったと思いますが

今後はレース当日の朝食量も減らそうかと思います。

 

35kを越えればあとは下り基調なコース。

それまでに存分に脚を削られ

1キロ3:40くらいまで

ラップが落ちてきました。

35k~40k(18:27)

 

ここからは手元の時計と残りの距離を逆算して、

「あと30分、、20分も耐えればレース終わる」

と心を奮い立たせます。

 

それと同時にサブ2.5が

危うくなってきたことに気づきます。

 

しかしもう腕が痺れ、ペースは上げられません。

40k~ゴール(8:03)

 

※ゴール後のテレビ中継にて、下村さんの横に奇跡的に映り込んだ私(笑)

2.195kmを7分台でまとめられれば、

サブ2.5いけるかもと最後の悪あがき。

 

レース中ずっと追い続けた、

「ミスターびわ湖」の水色の背中が

近づいてきます。

 

ゴール付近で再び、

ガチランのクロロさんを抜きます。

 

しかし下村さんにはあと50m程の差を

埋められず、、

そして無常にも時計の数字が

「2:30」超えてしまったところで

ゴールとなりました。

来シーズンに向けて

 

あとでテレビで確認すると、

下村さんもサブ2.5を

切れなかったよう。

 

大阪マラソンは、

坂道や折返しの多さから

タイムは出にくいと言われていますが、

 

実業団選手や市民ランナーでも

素晴らしいタイムで走っている人がいる

のも事実で言い訳はできませんね。

 

ゴール後は悔しさよりも

久々に最後までタイムに拘り

マラソンを完走できた喜びの方が

大きかったです。

 

20k~ゴールまでの苦しさに

また耐えることができたので

これから自己ベスト目指して

戦う自信になりました。

 

そして防府後の取り組みであった、

6000LT走とMペースハーフ走

一定の成果も感じることができました。

 

今後の課題としては、

マラソンペースに余裕をもたせる

ための絶対的スピードが足りない。

サブ20を目指すためには、

5000mで15分切りはマスト!

 

来シーズンに向けて

春からはスピードの底上げを図り

その中でもマラソンの要素を忘れないように

長い時間体を動かす練習も継続していこうと思います。

 

そしてケガなく継続して練習に取り組むこと

59kg台まで減量してレースに臨むことなど

走る以外のケアや食事の部分を大切にして過ごします。

 

来シーズンの勝負レースは、

「防府読売マラソン」

ここで2年前から言い続けている、

サブ20を達成するために再始動です!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
マラソン・ジョギングランキング 応援のクリックお願いします。

スポンサーリンク

-レース

Copyright© 大阪泉州をひたすら走る~sub2:21を目指して~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.